MACHIKO 千葉真知子 Home Studio Activity Profile Book Works Style

きくらげエッセンス−千葉真知子開発商品 ヨーロッパ特許取得。−

きくらげは栄養の宝庫!飲むプチメニュー きくらげエッセンス

きくらげエッセンス

中国では千年来きくらげが不老長寿に効果があると言われ、高級な滋養食品として大切に扱われてきました。特に乾燥状態のきくらげにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

医学・薬学・栄養学の権威も注目するきくらげ。高齢化社会の食生活に、栄養補助食としてきくらげをおすすめいたします。

ビタミンD

きくらげの持つビタミンDは食品中第1位!

ビタミンDにはカルシウムとリンの吸収を助け、血中濃度を保つという重要な働きがあり、骨粗鬆症や骨軟化症の予防にもなります。

ビタミンDが不足すると・・・

歯ぐきが弱まり、虫歯になりやすくなります。また骨がもろくなり、骨折しやすいなどの症状や骨軟化症、骨粗鬆症をおこします。筋力の低下も心配です。

食物繊維

きくらげの持つ水溶性食物繊維は食品中第2位!

水溶性食物繊維は血糖値の急な上昇を防いで糖尿病を予防。コレステロール値を下げたり、便秘や大腸癌、肥満の予防にもなります。

食物繊維が不足すると・・・

便のかさが少ないと便秘になり、発癌性物質などの腸内滞留時間が長くなるので大腸癌などの心配もでてきます。食後の血糖値の急激な上昇を招き、糖尿病などの原因にもなります。

鉄分

きくらげの持つ鉄分はレバーの約3倍!

鉄分はカラダの各器官に酸素を運び、カラダ全体の機能を高めます。貧血を予防し、病気に対する抵抗力をつける働きもあります。

鉄分が不足すると・・・

体が酸欠状態になると動悸、めまいなどの貧血状態がおき、脳への酸素不足により集中力の低下を招くこともあります。また感染症にもかかりやすくなり、冷え性の原因にもなります。

カルシウム

きくらげの持つカルシウムは牛乳の約2倍!

カルシウムは健康な骨や歯を作るだけではなく、心臓の働きや血液の循環を助けます。

カルシウムが不足すると・・・

骨からカルシウムが失われ、歯周病や骨軟化症をおこします。また血行に支障をきたし、心機能、皮膚・毛髪障害や白内障をおこすことがあります。

昭和女子大学大学院教授 東北大学名誉教授 木村修一先生

きくらげは、中国では古くから不老長寿に効果があると珍重される貴重な食材です。「カルシウムが多いキノコ」という事は以前から知られていましたが、栄養学的に注目されるようになったのはつい最近のことで、鉄分が多く、また、ビタミン類、特にビタミンDの宝庫であることもわかってきました。

日本人に不足しがちなビタミンB1やB2、さらに食物繊維も十分に含まれていることを考えると、これからの高齢化社会における食生活にとって極めて有効な食材のひとつと言えるでしょう。

TOP
MACHIKO